山元病院からのお知らせ

2009.07.20 沐浴室リニューアルコンセプト(且オ彩ワコールインテリア事業部)

近年の産婦人科には、高度な医療技術への期待はもちろんのこと、快適な環境、心のケア、と多くのことが求められています。
患者様から喜ばれ、永く愛され、そして地域にとって存在感のある産婦人科となるために、今回の沐浴室リニューアルでは下記のような考えで取り組みました。

◇ 機能性、快適性を求めた沐浴室レイアウトプラン
◇ 落ち着きと安らぎのあるインテリアデザイン

*新生児沐浴槽の移動*
従来、沐浴室の最奥に設置してあった新生児沐浴槽を手前の最も広くスペースの取れる場所に移設。
これにより、赤ちゃんの沐浴をよりさせやすく、また、沐浴指導時においても三方から沐浴槽を囲うことができ、ママだけでなく、パパも赤ちゃんの初めてのお風呂に立ち会うことができます。

*インテリアデザイン*
白を基調とした空間に、ダークブラウンの木調をアクセントに用いた、落ち着きや安らぎを感じるインテリアデザインは、1階の外来診察室、3階の分娩室と同様の色調・素材を用いることで、院内に共通性を持たせるだけでなく、患者様によりリラックスして院内ライフを過ごしていただけることと思います。

                                           (株)七彩 ワコールインテリア事業部