山元病院History

初代院長 山元 豊吉

初代院長 山元 豊吉
大正12年、壬生寺南門前に
内科・小児科診療所を開業。
ハイカラでカメラ好きだった。

車を使っての往診、京都で最初に行ったのが山元醫院であった。(昭和初期)

車を使っての往診を、
京都で最初に行ったのが
山元醫院であった。(昭和初期)

科・婦人科医院 開院当初の入口(昭和34年)

産科・婦人科医院 開院当初の入口
(昭和34年)

開院より約10年後(昭和40年代)

開院より約10年後(昭和40年代)

右から二代目院長 山元 市範、事務長 山元 京子(当時)、三代目院長 山元 貴雄(昭和47年)

右から二代目院長 山元 市範、
事務長 山元 京子(当時)、
三代目院長 山元 貴雄(昭和47年)

昭和51年、現在地に山元病院を開設。

当院は大正12年に開院し、現在に至るまで
ライフステージにより様々に変化する
女性の健康を維持するための
お手伝いをして参りました。

女性の一生を通じたトータルケアと
安全なご出産のために、
これからもゆとりある診療環境のなかで
皆さまに信頼されるサービスの
ご提供に努めて参ります。